被害者になった場合

交通事故の被害者になった場合にやるべきこと

1. 負傷者を救護し、二次災害を防ぐ

負傷者がいるときは、すぐに容態を確認し手当が必要な場合は救急車を呼びます。
ちなみに、加害者の方は警察に連絡する義務があります。

そして、二時災害を防ぐために、道路上の危険なものを除去します。
後続車がさらなる事故を起こしてしまわないようにするためです。
そのために、車が動く場合は邪魔にならないところへ動かすようにします。

2. 警察に電話して、事故の届けをする

加害者は必ず警察に連絡しなければなりません。
警察への届けを出さないと「交通事故の保険」が使えなくなります。

警察に連絡をして、その後は警官の指示を仰ぐようにしてください。

届けをしたら、「交通事故証明書」を発行してもらえます。
この証明書は保険の支払い時に必ず必要です。
「人身事故扱い」になってないと賠償金が支払われませんので、
注意して下さい。

3. 加害者の方の連絡先を確認する

警察が到着するまでに、加害者の方と連絡先を交換します。
車検証や免許証をまずは確認し、住所、名前、電話番号、勤務先、相手の保険会社などを
控えておきます。

メモをする筆記用具がなければ携帯電話のカメラ機能で撮影するのも良いでしょう。

相手が無免許だったり、任意保険に加入していない場合もあります。
警察も確認しますが、自分でも必ず確認するようにします。

4. 目撃者と証拠の確認

仮に後日争いになることも考えられますので、証拠が必要になる場合があります。
加害者も罪を軽くしようとしますので、目撃者を確保するのは大切です。

目撃者がいる場合は、お名前と連絡先を必ず聞いておくことです。その時に、
証人になってくれるかを確認を取っておきます。可能であるならば、
警察が来るまで待っていてもらい、証言してもらいます。

5. 事故の記録を取る

事故が起こった時は気が動転している場合が多いので、事故現場の写真を撮って置きます。
車を動かしてしまう前に携帯電話などで写メールなどで撮影すると良いです。

車対車などの場合は過失の割合の判断基準になる場合がありますので、
できるだけ細かく記録しておきましょう。

日時や状況、加害者の情報、目撃者の有無を記録し警察の担当の方に報告すると
なお良いでしょう。

6. 自分の保険会社へ連絡

自己を起こした場合は、ご自身の加入している保険会社へ必ず連絡しましょう。
事故の場合は24時間対応する保険会社がほとんどです。

基本的には治療費の支払いや賠償金の請求などは相手側の保険会社の担当者に
行います。

今後の対応や流れを、自分の保険会社に確認を取っておきましょう。

7. 医療機関へ受診に行く

事故を起こした直後はなんともなくても、数日後に急に痛くなったりと言うことがあります。
早めに対処すれば早く治癒するので、必ず医療機関で受診して下さい。

交通事故の場合は症状がないからといっても、軽く考えないようにしましょう。

8. 健康保険・労災保険の使用

交通事故でも健康保険や労災保険は使用可能です。
自由診療に比べると治療費を抑えることができます。

相手に支払能力があれば自由診療でも問題ありませんが、
相手が保険に入ってなかった場合は自分の保険で治療するのが一番安く治療ができます。

9. 交通事故証明を警察署などでもらう

事故を起こしたということを証明する、交通事故証明書を交付してもらいます。
申請できる方は、交通事故の加害者、被害者、損害賠償の請求権のある親族、保険の受取人等となります。

警察に届けを出されてない方は交通事故の証明書は申請できません。
また、交通事故の当事者ご本人以外の方は申請できませんので、注意して下さい。

10. 治療費の領収書を保管しておく

治療にかかったものの領収書は全て取っておきます。
賠償金請求に使用しますので必ず保管しておきましょう。

  

お問い合わせ

  • 事故後にまずやること
  • 被害者になった場合
  • 加害者になった場合
  • むちうち症について
  • よくあるご質問
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • ブログ

       吉川整骨院
IMG_0279埼玉県吉川市保1-27-4-102

Tel: 048-940-5503

> アクセスマップはこちら

整骨院 ホームページ制作