むちうち損傷について

追突事故により頸部が過度に伸展し、次いで反動で屈曲して生じる。
損傷は頸部の軟部組織に留まる。
骨・椎間板・靭帯の損傷を伴わない。
受傷翌日に頸部痛・頭痛を自覚する事が多い。
しばしば嘔吐・嘔気を伴う。
頸椎カラーを装着し、安政が必要となる。
症状の軽快後にバレ・リュー症候群と呼ばれる症状が持続する事あり。

整骨院 ホームページ制作